−谷 あつこの 会いたい、聞きたい&食べたい−

川村英樹さん

Hideki Kawamura
かわむら・ひでき 
1971年新潟生まれ。89年東京プリンスホテル入社。修業中、国内外のコンクールで入賞。中でも97年クープ・ド・フランス世界大会で日本人初の総合優勝。00年渡仏。ブルターニュの「グランドホテル・テルメスマリーン」で修業。同年アルパジョン・ガストロノミックコンクールのショコラ部門優勝。01年帰国。東京・吉祥寺に「アテスウェイ」オープン。
 
●シェフ番外編
topへat food についてスイーツノ仕事人へ料亭寿司巻之助についておいしいイタリア倶楽部についていろいろなサイトをご紹介します
川村シェフ(上) 川村シェフ(下) ピエール・エルメ(上) ピエールエルメ(下) 中川シェフ(上) 中川シェフ(下) 山本シェフ(上) 山本シェフ(下) 長島シェフ(上) 長島シェフ(下) 安食シェフ(上) 安食シェフ(下) 堀江シェフ(上) 堀江シェフ(下) 永井シェフ(上) 永井シェフ(下) 柳シェフ(上) 柳シェフ(下) 高木シェフ(上) 高木シェフ(下)
金子シェフ(上) 金子シェフ(下) 辻口シェフ(上) 辻口シェフ(下) 番外編 ピエール・エルメ(上) 番外編 ピエール・エルメ(下) 番外編川村シェフ(上) 番外編川村シェフ(下)

シェフ番外編


うわさには聞いていました。
スイーツに塩を上手に使うパティシエがいることを。

早く会ってみたい、そして早くそのスイーツを食べてみたい
(残念ながら、食べる機会を逸したままだったのです)。

そう思いつつ、なかなか実現せず、この連載の最後のシェフになってしまいました
(ふぅ、でも間に合ってよかった)。

川村シェフがフランスで修業したブルターニュ地方のサン・マロは、
避暑地という以外に、すぐ近くに世界遺産のモン・サン・ミシェルもある有数の観光地。

とはいうものの、パティシエの修業先としてはおなじみの場所ではなかったかもしれません。
しかも、ほとんどのお菓子に有塩バターを使うという地域。
それまでずっと習ってきたこととは違う常識に、さぞ驚いたことでしょう。

でも川村シェフの場合、そんな違いを拒否したり、否定してしまわず、個性ととらえて受け入れた。
この“柔軟性”がまずすごいと思いました。
で、結果的にはそれが彼自身の個性やオリジナリティになり、強みにもなりました。
しかも、今でも十分おいしいのに、さらに上を目指し、まだまだ進化しようとしています。

パワーがあるなぁ。
この先もやっぱり目が離せません。


●パティスリー アテスウェイ

東京都武蔵野市吉祥寺東町3−8−8
カサ吉祥寺2
Tel:0422-29-0888 
Fax:0422-29-0877 
〔営〕11:00〜19:30
〔休〕月曜日
http://www.atessouhaits.co.jp

撮影:岡山寛司  企画・取材・文:谷 あつこ(at food食プランナー)
Copyright (C) at food All Rights Reserved.